劇団プレ今井隆文・大村まなる、突然の難聴から生まれる兄弟愛とそこからの第一歩

画像を拡大
 

9月2日より、東京・シブゲキCBGK!!にて、劇団プレステージ 第11回本公演『リサウンド~響奏曲~』が上演されている。初日当日の最終舞台稽古後、今井隆文と大村まなるに話を聞いた。
 
 

■劇プレ・ 第11回目の本公演は『リサウンド~響奏曲~』

昨年はこれまで上演していたシブゲキCBGK!!から劇場を紀伊國屋サザンシアターに移し、さらに大阪公演も敢行した劇団プレステージ。今年2月にはNON STYLEの石田 明が脚本、今井隆文が演出を手がけた番外公演も行いますます勢いを増している。
 

そんな劇団プレステージの第11回目の本公演『リサウンド~響奏曲~』は、10回公演でもタッグを組んだ空想組曲のほさかようが脚本・演出を手がける。
 
 

■バンドに憧れる少年から突然音が消えたとき

倉橋家の三男・奏(そう)は、バンドマンである長男の響也(きょうや)に憧れ、大学に入学したら自分も仲間たちとバンドをはじめようとしていた。だが奏は突発性の難聴にかかり、耳が聞こえなくなってしまう。
 

しかし奏は、障害を嘆くでもなく、何事もなかったかのように大学生活をはじめる。心配する響也をよそに、次男の楽(がく)は奏を笑顔で応援する。
 

だが、次第に兄弟の気持ちはすれ違い、周囲の人間を巻き込んで不協和音を奏ではじめる。すべての音が途絶えた世界で物語は進んで行く。
 
 

■音がなくなることで生まれる兄弟愛とそこからの第一歩

これまで聞こえていた“音”がある日を境に突然聞こえなくなり、無音の世界に放り出されそこで生きることを余儀なくされた奏。彼を囲む人々は動揺を隠せない。なかなか体験することのない状況を演じるにあたり、「聞こえる人がリアクションを間違えると、聞こえたように見えてしまうので、迷惑をかけないようにお芝居をしなければいけないです。口を大きく開けたりして伝えなければいけない」(今井)。奏に音が聞こえていた過去と、聞こえていない現在という時間軸がクロスするのも特徴的な作品。「難しいと思っているのは、現在と過去を行き来するところ。そこをどうにか自分で一番納得できるものに持っていきたいと思うので、お客さんにもその部分に注目してもらい、プレッシャーをかけてもらいたいです。聞こえている時と聞こえていない時は、心の中も違うと思うので、そこの違いを見て欲しい」(大村)。
 

劇中、今井を中心とするメンバーにより生のバンド演奏が行われる。その演奏は本格的。「芝居中、楽器のチューニングをしている時があります。変な音やノイズが入ってしまわないか、注意しなければいけないことがたくさん」(今井)とまさに生演奏。さらに、今井もギターボーカルとして、センターでカッコよく決める。「僕、ブサイクなので、かっこつけるというのが恥ずかしいんですよね。かっこつけるくらいなら全裸の方が楽なんです(笑)」(今井)と、顔をほころばせた。
 

それぞれの役を演じる上での注目ポイントを訊ねると、今井は「兄弟愛です」とビシッと一言。大村は「大事な第一歩です。すごく地味ですが、一番大事な一歩を踏み出すところを舞台で見ることができます」とアピールした。
 
 

【劇団プレステージ 関連記事>>】
 
 

★チケット購入へ

 


 

劇団プレステージ 第11回本公演「リサウンド~響奏曲~」
 

<公演日>
2016年9月2日(金)~9月18日(日) シブゲキCBGK!!
 

<脚本・演出>
ほさかよう(空想組曲)
 

<出演>
今井隆文、岩田 玲、大村まなる、春日由輝、株元英彰、城築 創、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、園田玲欧奈、髙頭祐樹、高橋秀行、長尾卓也、原田新平
※大村 学は7月4日をもって大村まなるに改名
 

劇団プレステージ公式HP

劇団プレステージ公式Blog

劇団プレステージ公式Twitter

画像を拡大

関連記事一覧