<八巻貴紀>CHEERZ for MENオリジナルインタビュー


 
CHEERZ for MENオリジナルインタビュー企画
ファンからの応援で2位を獲得した八巻貴紀さんの俳優を目指したきっかけや転機。
これから目指す仕事とは。  
インタビュー・文:西森路代 / 撮影:松田一輝
 

お芝居は最初は恥ずかしくて仕方なかったんです。


 
――芸能界に入ろうと思ったきっかけは何ですか?
 
八巻 小さいころから野球をやってたんですけど、ケガでやめて。その後はずっと夢がない状態で、惰性で大学までいっていた感じでした。でも、ぎりぎり就職活動が始まるときに、大学に通いながらダブルスクールという形で芸能学校に行くようになって。最初は歌で試験を受けたんですけど、モデルのほうが伸びるかもということで、モデルコースに入り、そこで演技も習うようになりました。でも、お芝居は最初は恥ずかしくて仕方なかったんです。
 

――どんな風に恥ずかしかったんですか?
 

八巻 初めて授業でやったのが、海の上で1人で船に乗っていて、突然目覚めてどうするかっていうお芝居だったんですけど、そんなのどうしたらいいんだって感じで、すごく恥ずかしがりながら演じてしまいました。また恥ずかしがって演技するから、余計に変な感じでしたね。赤面もしてしまうし。ほかの人たちは僕と違って経験者だったりするし、自分がへたくそなのも含めて、本当にいろんな意味で恥ずかしかったです。歌は大好きだったので、どんな状況で歌うのも恥ずかしくはなかったんですけど、そのうち、演技もそういうものなのかもしれないって思い始めて。
 

――お芝居の魅力に目覚めたのはどうしてですか?
 

八巻 そんなことを三か月くらいやっていくうちに、楽しいなって思えるようになりました。学校の中での自主舞台なんかも経験して。それで、学校を卒業するときに、いろんな事務所の方がきている中でオーディションを受けて、今の事務所に所属することになりました。でも、今から2年くらい前は、こんな仕事をしてるなんて想像もしていませんでした。
 

野球でも、高校のときの部活のゴルフでも、今の俳優の道でも、好きなことは自由にやらせてくれました。


 
――小さい頃はどんな子でしたか?
 

八巻 スポーツをしてたし、どっちかっていうと悪がきだったとは思うんですけど、両親からは、人さまに迷惑だけはかけるなって言われていて、僕自身も、遅刻とかするのも嫌いで、大学でも、単位制だから単位さえとれればいいやって感じになりがちですけど、一限の授業でもちゃんと出てました。両親は、野球でも、高校のときの部活のゴルフでも、今の俳優の道でも、好きなことは自由にやらせてくれました。でも、俳優をやりたいって言ったときはさすがに反対されるかなと思っていたら、それもなかったですね。
 

――じゃあ、あまり反抗したりとか困らせたりはなかったですか?
 

八巻 それが、なぜか好き嫌いが多くて。みんなの好きなカレーとか果物が食べられなかったりで、嫌いなものは一切食べないんですよ。その面では困らせたかもしれません。カレーって、昔は好きだと思ってたのに、ある日おかわりができなくなっていて。それでよく考えたら、好きでもないのに、好きだって洗脳されてたんじゃないかって思うようになって、食べられなくなってしまいました(笑)。
 

――事務所に入ってからの、初仕事とはどんなものでしたか?
 

八巻 舞台の仕事だと、ミュージカル「真夏の世の夢~LOVE」ですかね。初めてで緊張したし、しょっぱなからタップダンスもあったりして、ものすごい勉強になりました。
 

記事の続きは若手俳優応援アプリ「CHEERZ for MEN」にて限定で公開中!

CHEERZ for MENとは
若手俳優応援アプリ「CHEERZ for MEN」は、若手俳優が投稿する写真にCHEER(応援)ボタンを押すことで、さまざまな演出で応援している気持ちを伝えることが出来る無料アプリです。
2.5次元作品で活躍をする俳優を中心に、総勢100名以上が参加中!
 
アプリダウンロードは下記から
iOSダウンロードはこちら
Androidダウンロードはこちら
 
プロフィール

八巻貴紀 やまきたかのり
1992年11月8日生まれ

ブログ: http://ameblo.jp/takanori-yamaki/
ツイッター:https://twitter.com/yamaki_takanori