<早乙女じょうじ>CHEERZ for MEN オリジナルインタビュー


 
CHEERZ for MENオリジナルインタビュー企画
様々な舞台で活躍する、早乙女じょうじさんの俳優を目指したきっかけや転機。
これから目指す仕事とは。
インタビュー・文:西森路代 / 撮影:稲垣謙一
 

ダンサーとしてツアーに出るようになって、そんな中、芝居に興味が出てきた。


 
――早乙女さんが芸能界を目指したのはどんなきっかけでしたか?
 
早乙女 高校時代にDA PUMPに憧れてダンスを始めて、でも、その頃は芸能活動をしようとは思ってなかったし、どっちかというと地元が好きで、そこを出たくなかったんですけど、次男だし、両親からも家を出てみればって言われて、高校卒業後に上京したんです。東京でもダンスをやっていたら、ダンサーとしてツアーに出るようになって、そんな中、芝居に興味が出てきたので、事務所に入ることになりました。
 

――初めての大きな仕事はミュージカル『テニスの王子様』だと思いますが、その後、演技で思い出深い経験ってありますか?
 

早乙女 二つ目の舞台『フライング・パンケーキ』で、主演をやらせてもらったんです。でもなかなか自然に演技ができなくって。そんなとき、監督から、『お前は普段のおしゃべりは自然なのに、演技になるとできないのはなんでだ?』って言われて、それで普段と同じでいいんだってことに気付いて、そこから自然に演じるということができるようになりました。ほかにも、僕は台本を読んで、暗いイメージを持って作りこんでいたけれど、現場に行ったら、その真逆で明るくやってって言われることもあって、自分の中で決めてしまわないで、いろいろ試してみていいんだなと、選択肢は多くていいんだなと思いました。
 

映像をやるのは、チャンスをもらうことも含めて大変だなと思いました。


 
――去年は、『ネスレシアター』の「踊る大宣伝会議、(略)」Season2という映像作品も出られていましたよね。
 

早乙女 『踊る大捜査線』の本広克行が監督していたんですが、もちろん本広監督のことは存じ上げてたんですけど、顔はわからなかったんですね。それでオーディション受けにいって、その場にいる方とオーディションが始まる前に雑談をしていたら、最初からいた方が本広監督で、その自然な感じがよかったということで、出演することができました。この作品の俳優仲間には僕と同じ枠でオーディションを受けたんだけど、別の役で受かって出演に至った方もいて。それで、一つのイメージを見せるだけじゃなくて、別の顔もあるということをオーディションで見せることもありなのかなと思いました。
 

――映像を見ましたが、髭を生やしていて大人っぽいし、本当に会社にこんなサラリーマンいそうだなと思いました。
 

早乙女 映像の仕事はなかなかしたことがないので、声の出し方が違うと言われたこともあったし、そこは自分にとっても課題だなと思いました。それに、舞台を中心にやっている俳優が映像をやるのは、チャンスをもらうことも含めて大変だなと思いましたけど、今もこの映像に出演したメンバーでご飯を食べたりもしていて、選ばれてよかったなと思う仕事のひとつです。

 

記事の続きは若手俳優応援アプリ「CHEERZ for MEN」にて限定で公開中!

CHEERZ for MENとは
若手俳優応援アプリ「CHEERZ for MEN」は、若手俳優が投稿する写真にCHEER(応援)ボタンを押すことで、さまざまな演出で応援している気持ちを伝えることが出来る無料アプリです。
2.5次元作品で活躍をする俳優を中心に、総勢100名以上が参加中!
 
アプリダウンロードは下記から
iOSダウンロードはこちら
Androidダウンロードはこちら
 
プロフィール

早乙女じょうじ さおとめじょうじ
1986年12月8日生まれ

HP:http://joji-saotome.com/
ブログ:http://ameblo.jp/jo-jo-joji-8/
Twitter:https://twitter.com/sao_joo
 
<出演予定>
バースデー&クリスマス会
◆2016年12月25日(日)
音部屋スクエア
イベント詳細はこちら